光明理化学工業 製品情報(水素漏洩検知システム)
Japanese Japanese Japanese
 
TOP_PAGE 新着情報 会社概要 製品情報 季刊誌「ほおぷ」 よくあるご質問 技術情報

水素漏洩検知システム
定置形水素検知警報器
  型式 特徴
  FA-480/RD-4 水素、拡散式、耐圧防爆形
高圧ガス容器緊急遮断装置
  型式 特徴
  VS-200 バルブシャッタ
水素検知・元弁遮断連動システム
  型式 特徴
  FA-480/RD-4 + VS-200 水素、拡散式、耐圧防爆形
GC用水素検知器
  型式 特徴
  FA-101 GC用水素ガス 吸引式

カタログ請求へ
製品情報トップへ
水素に関する情報
  技術情報をご参照下さい。
 
水素検知警報器
水素漏洩検知用
■ FA-480/RD-4
image2 image3
● FA-480 (指示警報部)
  FA-480 の詳細情報は こちら

● RD-4 (ガス検知部)
  RD-4 の詳細情報は こちら

※点数が多い場合や仕様対応についてはお問い合わせ下さい。
PAGE TOP
 
バルブシャッタ
高圧容器元弁緊急遮断装置
■ VS-200
image1 バルブシャッタは高圧容器の元弁緊急遮断装置で、高圧ガス漏れによる爆発及びガス中毒等の事故発生の未然防止、異常反応あるいは地震時に於ける二次災害等の防止を目的にして開発された商品です。

仕様詳細のダウンロード(PDF)
image2
特長
  ●空気圧と機械的エネルギの組合せで電源が不要
●内部構造は金属製歯車機構のため耐久性に優れる
●元弁開のロック機構に直動小型シリンダを採用 (*1)
●うず巻きバネを使用している為元弁を痛めない
●ロック、解除はセットレバーの上下操作でOK

(*1)従来のロック機構はシリンダ、カム、リンク、ウオームギアの組合せによるメカニカル機構を採用していましたが、新型は直動式シリンダのON、OFF動作で作動するシンプルで信頼性の高い新機構を採用しました。

仕様
  検知対象ガス

型式

VS-200

操作方法

元弁開

手動セット

元弁遮断

うず巻バネ駆動

ロック可能作動用空気圧*2)

0.250.90MPa

ロック推奨作動用空気圧

0.35MPa

作動用空気導入口

φ64mm樹脂配管

元弁締付けトルク

4Nm (元弁遮断時)

作動確認

カラーインジケータ

高圧容器取付方法

クランプハンドル方式

外形寸法

(W)φ118×(D)173×(H)296

質量

3.0kg

 

 

 (*2)作動制御には圧縮空気、圧縮窒素、圧縮二酸化炭素等の圧縮ガス(空気圧、推奨0.35MPa)を印加する事により「バルブ開」の状態でロックし、外部の各種ガス警報装置、感震器等からの異常信号を利用して空気圧を放出する事により、ロックが解除され強制「元弁遮断」になります。

 

注)作動制御空気には可燃性ガス、毒性ガス、高濃度酸素等は絶対に使用しないでください。事故、災害の原因になります。


改良点
  今回のニューモデルは、本装置の最も重要な機能である、正常時(作動用空気圧を印加)は「元弁(バルブ)開」の状態で駆動力をロックし、異常発生時(作動用空気圧を放出)には駆動力を解放することにより、元弁を遮断するための信頼性を更に高めた新商品です。
本商品は防爆性を考慮して、作動制御には空気圧を、また元弁遮断駆動力にはうず巻きバネの解放エネルギを利用しています。

PAGE TOP
 
水素検知・元弁遮断連動システム
水素漏洩検知システム
■ FA-480/RD-4 + VS-200
image1
image2 image3
● FA-480 (指示警報部)
  FA-480 の詳細情報は こちら

● RD-4 (ガス検知部)
  RD-4 の詳細情報は こちら

image4
● バルブシャッタ
  バルブシャッタ の詳細情報は こちら

PAGE TOP
 
GC用水素検知器
水素漏洩検知用
■ FA-101
image1 本器は、GC(FID)用水素ガスが燃焼せずにGCから漏洩した場合に予め設定された濃度で警報を出し、同時に水素の供給を自動的に遮断する警報器です。
 
仕様
型式 FA-101
採気方式 吸引式(約1L/min)
検知対象ガス GC用水素ガス(H2)
検知原理 接触燃焼式
検知範囲 1〜4vol%(100%LEL)
警報方式 LEDランプ、ブザー
警報設定値 1.0vol%(25%LEL)
応答時間 30秒以内
電源 AC100V±10%、50/60Hz 1Φ
寸法 130(W)×200(H)×250(D)mm
本体質量 約5.6kg
消費電力 約50VA
 
PAGE TOP