光明理化学工業 製品情報(学校教材)
Japanese Japanese Japanese
 
TOP_PAGE 新着情報 会社概要 製品情報 季刊誌「ほおぷ」 よくあるご質問 技術情報

学校教材
学校教材製品のご購入に関しては株式会社ナリカ様にお問い合わせください。

学校教材
  型式 特徴
  AP-5E 気体検知管測定器(北川式) 気体の検ちゃん II
  OZ-1 オゾン実験器
  BEL-1 バイオエタノール学習キット
  AH-1 / AHF-1 バイオ水素エネルギー実験キット(簡易セット/フルセット)

カタログ請求へ
製品情報トップへ
 
気体検知管測定器(北川式) 気体の検ちゃん II
■ AP-5E
燃焼や光合成、呼吸等によって変化する気体の濃度を調べることができます。

・酸素、二酸化炭素検知管は、塩化水素等の有害ガスが発生しない方式を採用。
・落下、破損時の内容物飛散防止に、検知管にはシールプロテクトが施されています。
・小学生でも容易に使えるように、ポンプは軽く引きやすい50mLの容量です。
image2 image3
<セット内容>
・ポンプ:容量50mL;(1ストローク)1個
・検知管:酸素(159KA) 5本入1箱
          二酸化炭素(低濃度用126KC/高濃度用126KH)各10本入1箱
・付属品:チップカッター、ワセリン、呼気採取用ポリ袋5枚、安全ゴムキャップ20個、収納ケース
【別売品】
気体検知管測定器(AP-5E)用検知管

酸素 159KA(5本)
二酸化炭素 126KC(II)(10本)
二酸化炭素 126KH(10本)
窒素酸化物 175EA(10本)
窒素酸化物 175EB(10本)
二酸化硫黄 103EA(10本)
一酸化炭素 106EA(10本)
PAGE TOP
 
オゾン実験器
■ OZ-1
オゾン層がフロンガスにより破壊され、減少する様子を擬似的に再現できます。

  紫外線ランプを用いて、実験層内にオゾンの生成を行った後、オゾン層破壊物質を導入して、オゾンが減少する状況を、検知管により確認することができます。

●オゾン濃度の増減を検知管で確認します。
   これより、視覚的に実感できるほか、数値としても確認できます。
●安全に配慮して、実験後の残留オゾンは実験層内にて吸収液で処理できます。
image2 image3
<セット内容>
オゾン層実験装置、北川式ガス検知器 AP-20、オゾン検知管SB型

<仕様>
●入力電圧:DC12V アダプタ
●紫外線ランプ:4W、波長254nm
●使用検知管:オゾン検知管SB型
PAGE TOP
 
バイオエタノール学習キット
■ BEL-1
化石燃料の代替エネルギーとして注目されている新エネルギー、バイオエタノールを学習できます。

  キットでは、セルラーゼを用いてろ紙を分解し、グルコースを生成した後、アルコール発酵を行わせることが出来ます。発酵の確認は、検知管で行います。
  グルコースもキットに含まれており、食材由来のバイオエタノールの学習もすることが可能です。これにより、第一世代バイオマス(食材由来)および第二世代バイオマス(非食材由来)の両方を学習することができます。
image2

<セット内容>
グルコース12g、セルラーゼ(カプセル) 3個、酵母 1袋、シリコン栓 6個、容器 3個、発酵試験用キャップ 3個
※本製品ではガス採取器(AP-20もしくはAP-5E)および二酸化炭素検知管(BCO2型)、バイオエタノール検知管(BEtOH型)が別途必要になります。
【別売品】
二酸化炭素検知管(BCO2型 2〜35%)
バイオエタノール検知管(BEtOH型 20〜1,000ppm)
 
PAGE TOP
 
バイオ水素エネルギー実験キット(簡易セット/フルセット)
■ AH-1 / AHF-1
発酵により得られるバイオ水素を学習することができます。

リンゴの搾りカスを容器に入れ、専用の発酵試薬を用いて発酵させると、リンゴの常在菌の活動によって水素が発生する過程を学習します。発生した水素は、燃料電池の駆動などに使用できるため、新しいエネルギーの学習などに発展させることができます。
発酵・微生物の代謝・発生した水素エネルギーをどう使うかなど、複合的な学習ができます。
image2
<セット内容>
(1)発酵槽
(2)気体貯蔵槽浮屋根
(3)ボールこし器
(4)金属コック(シリンジ接続チューブ付)
(5)アクリル管付チューブ  
(6)専用発酵試薬(10回分)

※写真はバイオ水素エネルギー実験キットフルセット(AHF-1)です。簡易セット(AH-1)にはチャンバーやヒーター(25〜30℃)は含まれません。
※500mLビーカー、燃料電池への水素投入に必要なシリンジ、燃料電池・ファン等発電試験に必要な実験器具は、別途ご用意ください。
また、別売りのガス採取器(AP-20, AP-5E)、検知管(水素検知管U型、二酸化炭素検知管SH型など)を使用して、発生ガスの水素および二酸化炭素濃度を確認することができます。(希釈操作が必要になりますので、シリンジが必要です)

実験方法
image4
(1)リンゴをすりおろす。
(2)搾りカスをこし器につめる。
(3)専用発酵試薬の溶液に浸す。
(4)加温して水素発酵開始。
※リンゴ、おろし器、ネット、ビーカーは付属しません。
PAGE TOP