光明理化学工業 定性無機ガス検知管
Japanese Japanese Japanese
 
TOP_PAGE 新着情報 会社概要 製品情報 季刊誌「ほおぷ」 よくあるご質問 技術情報

化学物質定性システム
定性無機ガス検知管 131

一般的なガス検知管は、検知対象のガス成分があらかじめ判った上でその濃度を定量するものですが、定性無機ガス検知管(131)は、検知しようとする対象物がわからない場合に、どんな物質が存在するのかを判定(定性)することを目的としたものです。
下図のような5層の検知剤が、それぞれ下表の様に変色することにより、定性できます。




A B C D E 存在するガス
  --- --- --- --- アンモニア/アミン類(*)
---   --- --- --- 亜硫酸ガス/酢酸
---   --- --- --- 塩化水素
---     --- --- 塩素
--- ---   --- --- 二酸化窒素
--- --- ---   --- 硫化水素
--- --- --- ---   一酸化炭素
--- --- --- ---   リン化水素
--- --- --- ---   アセチレン(*)
--- --- --- ---   メチルメルカプタン(*)

---は原色のままです。
(*) 印は有機ガスです。
実際の色とは異なる場合があります。


上表以外の有機ガスを定性できる定性有機ガス検知管(186B)もございます。

カタログ請求へ
北川式ガス検知器トップへ