光明理化学工業 北川式検知管のしくみ
Japanese Japanese Japanese
 
TOP_PAGE 新着情報 会社概要 製品情報 季刊誌「ほおぷ」 よくあるご質問 技術情報

北川式検知管のしくみ
[原理]
検知管とは、測定ガスと鋭敏に反応する検知剤をガラス管に充填したものです。
ガス採取器を用いて検知管内に試料空気を通気すると、化学反応により検知剤が変色します。
測定ガスの濃度と変色長さとの関係は、濃度目盛として検知管に印刷してあるので、測定ガスの濃度を簡単にもとめることができます。
[主な用途]
労働省「作業環境測定基準」に多くの検知管が採用されており、作業場内を始めビル、事務所などの環境保全に役立ちます。

可燃性ガスの濃度を現場で迅速に測定できるので、漏洩ガスや発生ガスによる火災、爆発の未然防止に役立てることができます。

各種工業においてガスを原料、中間体として使用する場合、ガス中の不純ガスを測定して品質の向上をはかり、触媒の被毒を防止し、生産能率を高めます。

煙道ガス中の有毒ガス、例えば亜硫酸ガス、窒素酸化物などを現場で迅速に測定できるので、大気汚染における発生源の管理に役立てることが出来ます。

燃焼排ガス中の一酸化炭素、炭酸ガス、酸素等を測定して、燃焼器具の燃焼効率が検査できます。

[歴史]
検知管法の歴史についてはこちら

カタログ請求へ
北川式ガス検知器トップへ