光明理化学工業 Q&A
Japanese Japanese Japanese
 
TOP_PAGE 新着情報 会社概要 製品情報 季刊誌「ほおぷ」 よくあるご質問 技術情報
Q&A
酸素濃度を久しぶりに測定しようとした際、ブザーが鳴り止みませんでした。センサーは10年以上前に交換しました。
2014年1月15日
酸素センサーが使用できなくなっている可能性があります。
センサーごとに有効期限が定められており、超過して使用した場合の動作は保証できません。
センサーを交換してもブザーが止まらない場合は、故障として修理対応となります。

【センサーの取付方法】
・新しいセンサーを取り付けます。
・センサーの凸部をケースの溝に合わせてゆっくり差し込んでください。
 差込が確実に行われていないと故障警報がでる恐れがあります。
・センサキャップを取り付けます。
・本器の古い有効期限シールを剥がし、新しいセンサーに添付の有効期限シールを貼り付けてください。

注)センサーは確実に取り付けてください。酸素濃度が測定できない恐れがあります。
image4

酸素センサー交換方法の動画(You tubeへのリンク)はこちら

RETURN LIST